目指せ!着物買取でおこずかいゲット!

女物の長着を仕立て直すにはいくらかかるか

母親の古着や骨董市などでみつけた女物の長着を仕立て直して男性が着ることも可能です。男性の着物に比べて、色、柄ともに女物の古着のほうが種類は豊富ですから、気に入ったものがみつかれば仕立て直して個性をだすのも魅力的です。もちろん、男物と女物の着物では、袖の振りと身八つ口が女物にはあり、おはしょりをしますから丈が長めになっているという点では違いがありますので、そのまま着ることはできません。悉皆屋や和裁士に頼んで、解き、洗い張り、仕立て直しが必要です。その際、古着の糸の性が抜けていないかを確認しておくことが大事で、せっかく費用をかけ着物を仕立てても、糸が弱っていると生地自体が裂けてしまうこともあるからです。 また、もう一つ大事なことが、体格の問題になります。女物の反物は男物の広幅の反物より幅が狭いですから、身幅や裄が十分にとれない可能性も出てきます。その場合は諦めることも大事です。そして、古着の糸が弱っているようなら、お洒落な長襦袢に仕立て直すこともできます。

着物や浴衣は着なくなったら売るのが一番ですね